マスターズマンション「中楽坊」のコンセプト

「中楽坊」にかける想い日本の高齢者に、
「心から笑顔になれる
場所」を。

「今の日本の状況はおかしい」。その想いが、「中楽坊」誕生のきっかけに。

「今の日本の状況はおかしい」。
その想いが「中楽坊」誕生のきっかけに。

その日、北欧やアメリカの高齢者住宅を視察した私たちは驚きました。笑顔にあふれ、明るく幸福そうな入居者の様子は、日本とはあまりに違っていたからです。日本の施設では、入所している高齢者を弱者や子供のように扱い、狭い場所に押し込め、画一的なサービスを施すばかりで、まるで病院のように活気がありませんでした。

「今の日本の状況はおかしい」

幸福な老後の生活、高齢者に心からの笑顔が生まれるような場を、日本にも創りたい。創らなければならない。そんな義憤のような、使命感のような感情が、高齢者向け分譲マンション「中楽坊」誕生のきっかけとなりました。

戸建てでもファミリーマンションでもなく高齢者に向けた分譲マンションを。

一戸建てでもファミリーマンションでもなく
高齢者に適した分譲マンションを。

とはいえ、海外と日本とでは、制度も文化も国民性も異なります。海外の高齢者住宅をそのまま真似てもうまくはいきませんし、国内にも参考にすべき事例は見当たりません。そこで私たちは、高齢者や高齢社会に関する文献・論文を幅広く紐解き、高齢者を対象としたアンケート調査やフィールドワークを実施。それらを元に議論・検討を続けていった結果、高齢者の心身を充足させ、笑顔を生み出すための「住まいの形」について確信を得るに至りました。

それは、現役時代に手に入れた広い一戸建てやファミリーマンションでもなければ、要介護者向けの施設やサービス付き賃貸住宅でもない。高齢者向けのハード・ソフトを兼ね備えた「分譲マンション」であると。

入居者の方々との対話を重ね、「笑顔が生まれる場所」を追求。

入居者の方々との対話を重ね、
「笑顔が生まれる場所」を追求。

そうして高齢者向け分譲マンションをスタートさせた私たちですが、はじめから現在のような状態だったわけではありません。「入居者の方々の笑顔を創る」ことは、マンションという建物や設備をつくるよりもはるかに難しいことでした。

それでも私たちは、生活支援やレストランなどのサービスを自ら手掛けながら入居者の方々と直接向き合い、対話と試行錯誤を重ねていきました。心豊かな老後の生活の実現について考え続けました。

大切なものは、すでに掌中に。整えるべきは、「明珠をいつくしむ」場。

大切なものは、すでに掌中に。
整えるべきは、「明珠をいつくしむ」場。

ヒントとなったのは、ある書家が私たちに示してくれた「明珠在掌」という禅語でした。高齢者の方々はすでに大切にすべきこと(明珠)を、手にしている(在掌)。
例えば、子や配偶者との思い出、気の置けない友人たちとの関係、磨き上げてきた知識・技術、時間を忘れて没頭できる趣味、なお衰えない学ぶ意欲や知る喜び、豊富な人生経験に基づいた知恵、歳を重ねてきたからこそ得られる感性や視野…。それらに気づき、心置きなく発揮していただくだけでいい。私たちの仕事は、喜びを与えることではなく、そうした「明珠をいつくしむ」ことを阻む不安や不満を解消して差し上げることだと思い至ったのです。
外形的・金銭的基準に連動する「極楽」ではなく、内面的で個別に異なるちょうどよい楽しみ(=中楽)、また、気の置けない仲間や信頼できるスタッフたちの中にいる楽しみ(=中楽)を味わっていただきたい。
そうした想いが「中楽坊」の名に込められています。

100世帯での共同なら、シェフや生活支援員も雇える。

100世帯での共同なら、
シェフや生活支援員も雇える。

以来、10年以上かけて10棟・約1500戸を提供してきた中で、大きな気づきもありました。それは「集まって住むこと」そのものに、超高齢社会における価値があるということです。例えば、毎朝のラジオ体操やサークル活動は、「見守り」の機能を果たしています。郊外の一戸建てや隣人の顔もわからないようなファミリーマンションとは違い、体調悪化などの緊急時に気づいてもらえないということはありません。
また高齢期には、ちょっとした世話や手伝いをしてくれる人が近くにいることが大切ですが、普通の人にはお手伝いさんを雇うほどの余裕はありません。でも、100世帯共同でならシェフや生活支援員を雇うことができます。サービスのシェアです。これも「集まって住むこと」の価値と言えるでしょう。

目の前の入居者の方を笑顔にすることだけを考えて。

目の前の入居者の方を
笑顔にすることだけを考えて。

の写真は、2019年に撮影した実際の入居者の方の表情です。「世界一幸福度が高い」と言われる北欧の高齢者の笑顔を見て驚いた、あの日から十数年。私たちが追い求めてきたものが、ようやく実現しようとしているのが、おわかりいただけるのではないでしょうか。
私たちの使命は、すべての「中楽坊」においてこのような笑顔を創り続けること。楽しい高齢期、心豊かな老後の生活を提供し続けること。
近年、私たちを「社会的課題の解決企業」と呼んでくださる方もいらっしゃいます。もちろん、結果として活力ある超高齢社会の実現に少しでも貢献できれば幸いですが、私たちにとって何より大切なのは入居者の方々と心から向き合い、もっとたくさんの笑顔を創り出すこと。それはとてもワクワクすることだと、私たちは思うのです。

施設や老人ホームなど
との違い

マスターズマンション 老人ホーム
高額終身利用権型

(住宅型・介護付き)

有料老人ホーム
サービス付き
高齢者向け住宅

(戸建て・マンション)

自宅
入居資格 健常高齢者 × ×
要介護認定
高齢者
生活の自由 × ×
生活支援・緊急時対応 ×
居室の広さ ワンルーム~2LDK

(一般的な居室)

ワンルーム~2LDK

(一般的な居室)

18㎡

(キッチン・風呂無し)

18㎡

(キッチン・風呂無し)

一般的な居室
共同食堂・共同浴室 ×
権利方式 所有権 終身利用権 終身利用権 貸借方式 所有権
資産価値 × × ×

この表は一般的な運営を基準に作成しています。サービス付高齢者分譲住宅については共同食堂の設置や介護・生活支援スタッフの常駐は義務付けておりませんが、一般的には住宅型老人ホームと同様な方式で運営されています。

中楽坊と施設は、
その考え方から異なります。

老人ホームなどの高齢者施設への入所は、多くの場合、ご家族の意思によって決定します。こうした施設は、入所者本人というより、世話を焼けなくなったご家族のための場所。そのためケガや事故など運営責任を問われるような事態は避ける必要があります。入所者に自由に行動されるのも困りもので、管理しやすい集団行動を求めざるを得ないのです。外出に届け出が必要なのも、食事のメニューや時間などのルールが細かく定められているのもそのためです。

老人ホームは、「入所者の要介護度が上がるほど収益性が向上する」というビジネスモデルです。「できるだけ長く健康状態を維持したい」という入所者の想いとは、真逆である点にも注意が必要です。

また、施設は「利用権」ですから、所有者の経営状態が悪化した場合などに、退所を余儀なくされる(行き場を失う)可能性も頭に入れておくべきでしょう。