沿革

1993年

「株式会社大阪ハイネス」を、ハイネス恒産株式会社大阪支社の社員21名がMBOによって設立。
「優良なる住宅の供給という事業を通して社会に貢献する」ことを志し、大阪市中央区淡路町にて創業。

1996年

マンション契約戸数、1,000件を達成

2000年

自社分譲マンション事業第1号「ハイネスピア六甲薬師通」の販売を開始。

マンション契約戸数、5,000件を達成

2000年

東京支店を中央区京橋に開設。
株式会社ライフ・ワン・サポートを100%出資子会社として設立。

2002年

JV分譲マンション事業「ファミール宝塚グランスイートタワー」の販売を開始。

2003年

「ハイネスコーポレーション株式会社」へ社名を変更し、大阪市伏見町へ本社を移転。

2004年

リノベーション事業「ハイネスクラウズ岸城町」の販売を開始。
名古屋支店を名古屋市中区丸の内に開設。
イタリア・ドイツ住宅見本市を視察。

2005年

高齢社会の進展を見据え、高齢者の暮らしや住宅に関する研究を開

2006年

名古屋市中村区名駅に名古屋支店を移転

諸外国の高齢者住宅等を研究するため、役員・社員による北欧・米国などの視察を開始

2007年

東京都千代田区へ東京支店を移転。

  • マンション契約戸数、10,000件を達成
  • 住宅と農地がセットになった高齢者対象の「日本版クラインカルデン」構想を発表
2008年

高齢者向け分譲マンション事業第1号「マスターズステージ泉ヶ丘」の販売を開始。
高齢者向け分譲マンション「マスターズマンションひまわり」の販売を開始。
中国建築物を視察。

管理・入居者対応などソフトサービスマニュアルの完成

2009年

マスターズマンション「マスターズマンション東岸和田駅前」の販売を開始。

高齢者向け分譲マンションのコミュニティ活性化支援「わくわく倶楽部」がスタート

2010年

東京都新宿区へ東京支店を移転。
リノベーション事業第2弾「ファミール東灘魚崎館」販売開始。

専有部への管理サービスを開始

2011年

中部エリアの事業を東京支店が承継。
高齢者向け分譲マンション事業として総合企画を行った「ザ・レジデンス芦屋スイート」の販売を開始。
スウェーデン・デンマークの高齢者住宅などを視察。(以降、社員研修として現在も継続中)

2012年
  • 高齢者向け分譲マンションの販売戸数が1,000戸を突破
  • NPO法人「老いの工学研究所」の賛助会員となり、高齢者研究の委託開始
2013年

高齢者向け分譲マンションの中古住戸の買取再販事業を開始

マンション契約戸数、14,000件を達成

2014年

高齢者向け分譲マンション「マスターズマンション宝塚中山 中楽坊(ちゅうらくぼう)」の販売を開始。
JV分譲マンション事業第6号「ロジュマン両国」の販売を開始。

2015年

高齢者分譲マンションの仲介実績が、120件を突破

2016年

高齢者向け分譲マンションの内部で運営する、レストラン事業を開始。
高齢者向け分譲マンション「マスターズセーヌ三田駅前」の販売を開始。

2018年

高齢者向け分譲マンション「マスターズマンション神戸学園都市 中楽坊」の販売を開始。

2019年

高齢者向け分譲マンション「マスターズマンション光明池 中楽坊」「ルミシア浦安」の販売を開始。

「高齢者の健康維持のメカニズム」について、大阪大学と共同研究を開始。