レストラン

「中楽坊」のサービスレストラン

入居者のみんなで、
“お抱えシェフ”を雇うように。

活力の源であり、楽しみでもある食事は、健康長寿を考えるうえで非常に重要です。
でも、子供のためなら一生懸命になれた料理も、朝昼晩と自分たちのためだけに作るのは次第に億劫になるもの。
「中楽坊」のレストランの料理長は、自らを「入居者の方々の“お抱えシェフ”」と呼んでいます。
不特定多数のお客様ではなく、いつも食べてくれる入居者の方々の健康長寿を想って腕をふるう料理人たちがいます。

体にやさしい「選べるメニュー」

体にやさしい「選べるメニュー」

館内レストランでは、“ハレの日の外食”のような食事ではなく、栄養バランスのとれた、体にやさしい手作りの料理を提供しています。健常高齢者の方が多い「中楽坊」ですから、美味しさはもちろん、盛り付けやボリュームも重視します。
また、食事を楽しむうえでは、気分に合わせて「選べる」ことも大切です。セット(定食)を数種類ご用意しているのはもちろん、アラカルトもさまざま。朝昼晩、毎日でも飽きずに召し上がっていただけるよう取り組んでいます。

健康な暮らしを支える「会話のある食卓」

健康な暮らしを支える「会話のある食卓」

入居者同士、ともに会話を楽しみながら食事をとるのが、館内レストランの日常的な風景となっています。「高齢者の孤食の社会的背景、および孤食が及ぼす健康影響に関する縦断的検討」(東京大学・谷 友香子氏)の研究結果によると、高齢者は孤食によって、野菜・果物の摂取頻度が低下していき、その結果、肥満や低体重、うつ、死亡につながっていくことが明らかになっています。そうでなくても、独りで見たくもないテレビを観ながら食べる食事は味気ないもの。「中楽坊」なら、レストランに行けば誰かがいます。

自由に使える「にぎわいを楽しむ空間」

自由に使える「にぎわいを楽しむ空間」

入居者の中には、認知症予防などを目的に、自室のキッチンで料理を作るようにしている方も少なくありませんが、それでもときどき料理が面倒・大変と感じる日には、レストランを利用しておられます。
誰かと会話をしながら食事を楽しみたいとき、ぜひ食べてみたいメニューがあったとき、お子さんやお孫さんが来たとき、サークル活動が終わったあとの懇親会など、さまざまなシーンで気軽に利用され、いつもにぎわいに満ちている館内レストラン。ここは、「高齢期のWell-beingを実現する」という理念を具現化するための、とても大切な空間です。

入居者の方から調理長へ
お手紙をいただきました