住み替え支援

自宅の売却、相続、購入資金の手当てまでワンストップでシニア向け分譲マンションの住み替えサポート

「中楽坊」への入居時も、
相続売却時もしっかりサポート。

分譲マンションである「中楽坊」の購入や売却にあたっては、資金調達や適正な評価が必要です。
私たちは、高齢者向け分譲マンションのパイオニアとしての強みを活かし、さまざまなサポートを実施しています。

シニア向け分譲マンションのご紹介

【入居前】

「中楽坊」に転居される方のほとんどは、自宅を所有されていた方です。大きな一戸建ての維持管理が大変、かつ将来不安・生活不便・家そのものへの不満などがあって、住み替えを決断されたケースがほとんど。転居に際しては、それまで住んでいた家をどうするかという問題が生じます。そのままにされる方もおられますが、売却される場合は、サポートを行います。
自宅を売却したお金を「中楽坊」の購入資金に充てられるケースも、確かな評価のうえで、できる限り早く・満足いただける値段で売却できるよう努力しています。

リバースモーゲージ型の住宅ローンで、購入資金の調達支援

【購入資金の調達支援サービス】

中楽坊の購入によって、貯蓄が減ることを気にされる方もおられます。転居はしたいが、いつまで生きるか分からないのでできるだけ、お金は残しておきたい。だから、今の家に我慢をして住まざるを得ない。そうお考えの方もいらっしゃいます。
そのような場合には、(アメリカでは一般的ですが)日本ではまだあまり知られていない、「リバースモーゲージ型住宅ローン」の利用をサポートしています。購入する「中楽坊」の住戸を担保に借り入れを行い、生きている間は利息だけを支払って、死亡後にその住戸を売却して返済を完了するというものです。物件価格の5割の借り入れが可能なので、5割の自己資金で「中楽坊」が購入可能です。たとえば1,750万円の自己資金を用意すれば、同額の借り入れを行って3,500万円のマンションが手に入ります。3,500万円のマンションを買っても、貯蓄が減るのは1,750万円。月々は利息の支払いのみですから、お金の面での長寿リスクはかなり軽減できるはずです。

【相続・売却】

「中楽坊」は、サービス付き高齢者住宅のような「賃貸」や、老人ホームなどの施設の「利用権」とは違い、所有権のある持ち家、つまり「資産」です。したがって住み替え支援の最大の使命は、入居者の「資産」の価値を的確に評価し、正確に伝え、できる限り高い価格での売却をサポートすること。これは、私たちしかできない分野と言っても過言ではありません。一般の不動産会社は、「高齢者向け分譲マンション」を扱った経験が乏しく、適正に評価するノウハウがないからです。この事業のパイオニアとして、長年にわたって取り組みつづけてきた私たちは、「高齢者の視点」「高齢者向けのサービス内容」「コミュニティの状況」などの多様な視点から総合的かつ適正に評価することができます。
また、「高齢者向け分譲マンション」を専門としているからこそ、同様の物件購入を目的とするお客様が集まりやすく、スピーディーな売却を実現できる要因となっています。