「中楽坊」スタイル

心身ともに豊かなシニアライフを
送るための Webマガジン

老いを学ぶ

2014年05月29日

老いの工学研究所提供

”高齢者”を、何と呼ぶのがいい?【高齢者の呼び方に関する調査】

老いの工学研究所

高齢期のライフスタイルのシンクタンク、NPO法人「老いの工学研究所」は、高齢者の呼称について調査を行いました。その結果についてお知らせします。
回答者 :20 歳~87 歳の男女851 名(男性424 名/女性427 名)

●高齢者の呼称、世代による語感の差。

全世代で「シニア」という呼称を最もポジティブだと感じる割合が多くなりましたが、50 歳代を超えるとその割合は低下し、70 歳代で65%、80 歳代で45%という結果になりました。
一方、20 歳代では37%にとどまり、21%が「じいさん・ばあさん」を最もポジティブだと感じるなど、世代による語感の違いが伺える結果となりました。

「老人」「年寄り」という言葉は、年代が上がるにつれてネガティブだと感じなくなる一方で、「じいさん・ばあさん」はネガティブに感じる人が増えており、年齢とともに嫌がられる言葉であることが分かります。

様々な商品・サービスで、ポジティブなニュアンスを込めて高齢者を「シニア」と呼称するのが一般的になってきましたが、今回の調査からは、高齢者自身が、それにしっくりとは来ていないことが分かりました。
もともと敬意や愛情を含んでいた「老人」「年寄り」「じいさん・ばあさん」といった言葉も、以前とは異なるネガティブなニュアンスを含んで捉えられるようになっており、「高齢者」という単に年齢を基準とした言葉以外には、適切な呼称が見つかっていない状況であると言えます。

また、アンケートの質問で、「ポジティブ・ネガティブ」などの英語を使っていることに対して、高齢の回答者から「日本語で表現できるのに、英語を使わないでもらいたい」といった声が少なからず寄せられたことから、高齢者はそもそも、英語の多用や英語を使った呼称に違和感を持っているとも考えられます。


2023年11月発売の新刊
「なが生きしたけりゃ 居場所が9割」(川口雅裕)

Tweetする

同じカテゴリーの最新記事

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2024年02月23日

    「ピンピンコロリ」は、既にほぼ実現している。

    この記事を読む

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2024年02月21日

    葬儀で“故人”が最期のあいさつ ~「生前ビデオ」

    この記事を読む

一覧に戻る

アクセスの多い記事

  • 老いを学ぶ

    2023年05月11日

    「高齢期の住まい」診断チェック。約2分で診断できます。

    この記事を読む

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2023年04月17日

    「子どもに迷惑をかけたくない」を実現する、たった一つの方法。

    この記事を読む

  • 老いを学ぶ

    2024年02月01日

    家田荘子さんトークショーの第5回、第6回の参加者を募集します。

    この記事を読む

注目のキーワード