「中楽坊」スタイル

心身ともに豊かなシニアライフを
送るための Webマガジン

老いを学ぶ

2013年01月20日

老いの工学研究所提供

IADL(手段的日常生活動作)【高齢期に関わる用語集】

老いの工学研究所

ADLは「日常生活動作」で、起床、着替え、食事、トイレ、入浴など日常生活の基本的な動作。これに対し、IADL(Instrumental Activity of Daily Living)は日常的な動作の中でも比較的複雑で、思考を要する動作を指す。
IADLは、アメリカの心理学者であるパウエル・ロートンらによって1969年に発案され、以下の8つの項目から評価される。
・電話使用
・買い物
・食事の準備
・家事(清掃、身の回りの片づけなど)
・洗濯
・移動
・服薬管理
・財産の取り扱い・管理
(食事の準備、家事、洗濯の3項目は、男性は評価から除外)

Tweetする

同じカテゴリーの最新記事

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2021年04月01日

    「70歳まで就業」は高齢者を幸せにするか?

    老いの工学研究所

    この記事を読む

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2021年03月27日

    「高齢者は転居でストレス、心身に悪影響」は本当か?

    老いの工学研究所

    この記事を読む

一覧に戻る

アクセスの多い記事

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2020年06月06日

    新型コロナ感染者が出ない、高齢者住宅とは?

    老いの工学研究所

    この記事を読む

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2020年03月14日

    老後に必要なのは「500万円」説。~老後2,000万円は単純すぎる

    老いの工学研究所

    この記事を読む

  • 中楽坊の現場から

    2019年11月01日

    大阪大学と「高齢者の生活状況と健康状態の変化」に関する共同研究を開始しました。

    この記事を読む

注目のキーワード