「中楽坊」スタイル

心身ともに豊かなシニアライフを
送るための Webマガジン

老いを学ぶ

2013年03月04日

老いの工学研究所提供

かかりつけ医【高齢期に関わる用語集】

老いの工学研究所

国の定義によると、かかりつけ医とは「何でも相談できるうえ、最新の医療情報を熟知して、必要な時には専門医、専門医療機関を紹介でき、身近で頼りになる地域医療、保健、福祉を担う総合的な能力を有する医師」である。
高齢者が日頃から様々な健康問題について相談でき、その結果、異変があれば迅速な対応が可能。専門的な治療が必要な場合は、紹介状を書いて適切な医療機関につなげる。ケアマネジャーや地域包括支援センターと連携しており、在宅医療を行っている場合は、そのまま看取りまで担当してもらえる。高齢期には自宅の近くに、かかりつけ医を見つけておくのが良い。

facebookでシェアする

同じカテゴリーの最新記事

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2021年01月21日

    老々介護がますます増加傾向に。~「令和元年・国民生活基礎調査」解説

    田中 利和

    この記事を読む

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2021年01月11日

    高齢者の健康維持に必要なのは、どんな「交流」か?

    老いの工学研究所

    この記事を読む

一覧に戻る

アクセスランキング

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2019年07月11日

    人生の大きな後悔は?(高齢者に訊きました):その1

    老いの工学研究所

    この記事を読む

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2020年03月14日

    老後に必要なお金は「500万円」説。~老後2,000万円は単純すぎる

    老いの工学研究所

    この記事を読む

  • 中楽坊の現場から

    2019年11月01日

    大阪大学と「高齢者の生活状況と健康状態の変化」に関する共同研究を開始しました。

    この記事を読む

注目のキーワード