「中楽坊」スタイル

心身ともに豊かなシニアライフを
送るための Webマガジン

老いを学ぶ

2013年03月08日

老いの工学研究所提供

地域包括ケアシステム【高齢期に関わる用語集】

老いの工学研究所

住まい・医療・介護・予防・生活支援の5つが、一体的に提供できる地域づくりを行うことにより、高齢者が要介護状態になっても自宅や住み慣れた場所で自分らしい暮らしをできるようにする国や地方の取り組み。高齢者のプライバシーと尊厳が守られる「住まい」と、住まいにおいて必要な「生活支援・福祉サービス」が受けられることが、基礎的な要素となる。
地域包括ケアシステムは2025年を目標に整備が進んでおり、中核機関として「地域包括支援センター」が各自治体に設置されている。保健師、主任ケアマネジャー、社会福祉士などが所属しており、地域の高齢者の総合的な相談窓口としてその機能が期待される。

Tweetする

同じカテゴリーの最新記事

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2021年04月01日

    「70歳まで就業」は高齢者を幸せにするか?

    老いの工学研究所

    この記事を読む

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2021年03月27日

    「高齢者は転居でストレス、心身に悪影響」は本当か?

    老いの工学研究所

    この記事を読む

一覧に戻る

アクセスの多い記事

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2020年06月06日

    新型コロナ感染者が出ない、高齢者住宅とは?

    老いの工学研究所

    この記事を読む

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2020年03月14日

    老後に必要なのは「500万円」説。~老後2,000万円は単純すぎる

    老いの工学研究所

    この記事を読む

  • 中楽坊の現場から

    2019年11月01日

    大阪大学と「高齢者の生活状況と健康状態の変化」に関する共同研究を開始しました。

    この記事を読む

注目のキーワード