「中楽坊」スタイル

心身ともに豊かなシニアライフを
送るための Webマガジン

老いを学ぶ

2013年03月18日

老いの工学研究所提供

住まいとケアの分離【高齢期に関わる用語集】

老いの工学研究所

「住まいとケアの分離」とは、居る場所によってケアの質・量が決まるのは不合理・不平等という考え方。介護施設では全員に十分なケアが提供されるが、自宅で暮らし続けるとケアの量が限定されてしまうのが現状である。
これを解消するためには、「居場所とケアがセット」となった「施設」を作るのではなく、在宅で暮らす人がそれぞれのニーズに合わせてケアが受けられる(住まいとケアが分離した)体制を整える必要がある。
北欧では、このような考え方にもとづいて、施設の建設を抑制し、「高齢者住宅」の拡充を進めていった。

Tweetする

同じカテゴリーの最新記事

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2022年09月16日

    マズローの欲求段階説から考える、高齢期の暮らし方。

    この記事を読む

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2022年08月22日

    ボランティアポイント制度【高齢期に関わる用語集】

    この記事を読む

一覧に戻る

アクセスの多い記事

  • 中楽坊の現場から

    2022年09月16日

    ご入居者より、「ちむどんどん」しているというお手紙をいただきました。

    この記事を読む

  • 中楽坊の現場から

    2022年03月03日

    卒寿のご入居者の俳句が、朝日新聞「俳壇」に入選!!

    この記事を読む

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2021年07月07日

    高齢者を子ども扱いする日本人の“優しさ”という問題。~期待が健康寿命を延ばす

    老いの工学研究所

    この記事を読む

注目のキーワード