「中楽坊」スタイル

心身共に豊かなシニアライフを
送るための Web マガジン

老いを学ぶ

2013年03月18日

老いの工学研究所提供

住まいとケアの分離【高齢期に関わる用語集】

老いの工学研究所

「住まいとケアの分離」とは、居る場所によってケアの質・量が決まるのは不合理・不平等という考え方。介護施設では全員に十分なケアが提供されるが、自宅で暮らし続けるとケアの量が限定されてしまうのが現状である。
これを解消するためには、「居場所とケアがセット」となった「施設」を作るのではなく、在宅で暮らす人がそれぞれのニーズに合わせてケアが受けられる(住まいとケアが分離した)体制を整える必要がある。
北欧では、このような考え方にもとづいて、施設の建設を抑制し、「高齢者住宅」の拡充を進めていった。

facebookでシェアする

同じカテゴリーの最新記事

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2020年11月30日

    職員による入居者虐待は「サ高住」の老人介護施設化を象徴している?

    老いの工学研究所

    この記事を読む

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2020年11月18日

    住み続けられるまちづくりを(SDGsの目標11)

    老いの工学研究所

    この記事を読む

一覧に戻る

アクセスランキング

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2019年07月11日

    人生を振り返って後悔していることは?(高齢者に訊きました)

    老いの工学研究所

    この記事を読む

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2020年03月14日

    これは納得。「老後に必要なお金は 500万円」説。~老後2,000万円は本当か?

    老いの工学研究所

    この記事を読む

  • 中楽坊の現場から

    2019年11月01日

    大阪大学と「高齢者の生活状況と健康状態の変化」に関する共同研究を開始しました。

    この記事を読む

注目のキーワード