「中楽坊」スタイル

心身ともに豊かなシニアライフを
送るための Webマガジン

老いを学ぶ

2013年04月10日

老いの工学研究所提供

8020運動【高齢期に関わる用語集】

老いの工学研究所

8020(ハチ・マル・二イ・マル)は、「80歳になっても自分の歯を20本以上保とう」という運動。おおよそ20本以上の歯が残っていれば、硬い食品であって満足に噛んで食べることができるという。
日本歯科医師会などによって運動が開始された1989年当時は、自分の歯が20本以上残っている後期高齢者は1割に満たなかったが、年々、増加してきており、2018年の調査では51%となっている。

Tweetする

同じカテゴリーの最新記事

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2022年09月16日

    マズローの欲求段階説から考える、高齢期の暮らし方。

    この記事を読む

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2022年08月22日

    ボランティアポイント制度【高齢期に関わる用語集】

    この記事を読む

一覧に戻る

アクセスの多い記事

  • 中楽坊の現場から

    2022年09月16日

    ご入居者より、「ちむどんどん」しているというお手紙をいただきました。

    この記事を読む

  • 中楽坊の現場から

    2022年03月03日

    卒寿のご入居者の俳句が、朝日新聞「俳壇」に入選!!

    この記事を読む

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2021年07月07日

    高齢者を子ども扱いする日本人の“優しさ”という問題。~期待が健康寿命を延ばす

    老いの工学研究所

    この記事を読む

注目のキーワード