「中楽坊」スタイル

心身共に豊かなシニアライフを
送るための Web マガジン

老いを学ぶ

2013年11月11日

老いの工学研究所提供

老人抑制の神話【高齢期に関わる用語集】

老いの工学研究所

「老人抑制の神話」は、ペンシルバニア大学のエヴァンス博士らが発表した論文の中にある言葉。「要介護高齢者は転びやすく、転ぶと大ケガを負う可能性があるのだから、その動きを拘束すべきだ」という、一般的な思い込みに対して反証を行った。
それによると、拘束によってケガが減るという科学的根拠はまったくなく、逆に、拘束によって発生するケガがあるほか、精神的苦痛を与えるなどデメリットの方が大きいという。
日本の介護施設の多くでは、事故防止を目的として拘束帯やひもなどを使って身体的に拘束することが常態化しており、国際的に問題のある、遅れた状態であると指摘する専門家も多い。

facebookでシェアする

同じカテゴリーの最新記事

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2021年01月21日

    老々介護がますます増加傾向に。~「令和元年・国民生活基礎調査」解説

    田中 利和

    この記事を読む

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2021年01月11日

    高齢者の健康維持に必要なのは、どんな「交流」か?

    老いの工学研究所

    この記事を読む

一覧に戻る

アクセスランキング

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2019年07月11日

    人生の大きな後悔は?(高齢者に訊きました):その1

    老いの工学研究所

    この記事を読む

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2020年03月14日

    老後に必要なお金は「500万円」説。~老後2,000万円は単純すぎる

    老いの工学研究所

    この記事を読む

  • 中楽坊の現場から

    2019年11月01日

    大阪大学と「高齢者の生活状況と健康状態の変化」に関する共同研究を開始しました。

    この記事を読む

注目のキーワード