「中楽坊」スタイル

心身ともに豊かなシニアライフを
送るための Webマガジン

老いを学ぶ

2019年05月03日

老いの工学研究所提供

高齢者の家庭内事故【高齢期に関わる用語集】

老いの工学研究所

消費者庁は、「交通事故よりも多い3大事故」として、家庭内で起こる「転倒」「窒息」「ヒートショック」を挙げている。平成30年、高齢者の家庭内事故による死者数は、転倒が約8,900名、窒息は約8,000名、ヒートショック(をきっかけとした溺死など)は約7.100名と、交通事故で亡くなった約2,600名を大きく上回った。
独立行政法人国民生活センターの調査でも、65歳以上の事故発生場所は、「家庭内」が約77%と高い割合になっている。
中でも、近年、増加傾向にあるのは「転倒」と「ヒートショック」である。転倒の防止については、段差や階段などがないフラットな住宅であること、ヒートショックについては、温度管理がされて寒暖差の少ない住まいであることが重要になる。

Tweetする

同じカテゴリーの最新記事

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2021年04月01日

    「70歳まで就業」は高齢者を幸せにするか?

    老いの工学研究所

    この記事を読む

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2021年03月27日

    「高齢者は転居でストレス、心身に悪影響」は本当か?

    老いの工学研究所

    この記事を読む

一覧に戻る

アクセスの多い記事

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2020年06月06日

    新型コロナ感染者が出ない、高齢者住宅とは?

    老いの工学研究所

    この記事を読む

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2020年03月14日

    老後に必要なのは「500万円」説。~老後2,000万円は単純すぎる

    老いの工学研究所

    この記事を読む

  • 中楽坊の現場から

    2019年11月01日

    大阪大学と「高齢者の生活状況と健康状態の変化」に関する共同研究を開始しました。

    この記事を読む

注目のキーワード