「中楽坊」スタイル

心身共に豊かなシニアライフを
送るための Web マガジン

老いを学ぶ

2019年01月17日

老いの工学研究所提供

アドバンス・ケア・プランニング(ACP、通称:人生会議)【高齢期に関わる用語集】

老いの工学研究所

アドバンス・ケア・プランニング(Advance Care Planning:事前指示書)は、患者本人が家族、医療者、介護者などと話し合い、あらかじめ意思決定能力が低下した場合に備え、医療や介護の方針などについて決めておく書面あるいはそのプロセスのこと。(「人生会議」という名称で呼ばれることも多い。)
リビング・ウィル(Living Will)が、特定の疾病や状況には関係なく、終末期などに正常な判断ができなくなった場合の治療等の希望を記述しておくのに対して、アドバンス・ケア・プランニングは、具体的な病気等への対処を本人や関係者で合意していくという違いがある。
厚生労働省が2018年に出した、「人生の最終段階における医療の決定プロセスに関するガイドライン」でも、アドバンス・ケア・プランニングの重要性が強調されている。

facebookでシェアする

同じカテゴリーの最新記事

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2020年10月26日

    「アンチエイジング」は“抵抗”ではない 風吹ジュンさんに学ぶ、老いの価値。

    老いの工学研究所

    この記事を読む

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2020年09月24日

    自分の元気さで、周りを元気づける ~「オトン・オカンチアリーダーズ」に学ぶ。

    老いの工学研究所

    この記事を読む

一覧に戻る

アクセスランキング

  • 中楽坊の現場から

    2020年02月13日

    兵庫県三田市消防署長から、『人命救護への貢献』に対して、感謝状をいただきました。

    この記事を読む

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2020年03月14日

    これは納得。「老後に必要なお金は 500万円」説。~老後2,000万円は本当か?

    老いの工学研究所

    この記事を読む

  • 中楽坊の現場から

    2019年11月01日

    大阪大学と「高齢者の生活状況と健康状態の変化」に関する共同研究を開始しました。

    この記事を読む

注目のキーワード