「中楽坊」スタイル

心身ともに豊かなシニアライフを
送るための Webマガジン

老いを学ぶ

2020年12月23日

老いの工学研究所提供

「日常生活動作が自立している期間の平均」(平均自立期間)【高齢期に関わる用語集】

老いの工学研究所

「日常生活動作が自立している期間の平均」は、「平均自立期間」とも呼ばれ、要介護2~5の要介護認定を受けている人を「不健康」、そうでない人を「健康」とみなして計算する方法。2016年時点で、男性:79.47年、女性:83.84年となっている。

国が「健康寿命」として発表しているのは、「国民生活基礎調査」で、「あなたは現在、健康上の問題で日常生活に何か影響がありますか」という質問に対して、「ある」と回答した人は不健康、「ない」と回答した人を健康とみなして計算したもの。従って、男女とも70歳代前半という若い数値になる。
このように、健康寿命の算出にはいくつかの方法がある。

Tweetする

この記事のキーワード

同じカテゴリーの最新記事

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2022年11月01日

    住み慣れた場所を「つくる」という発想。

    この記事を読む

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2022年10月05日

    日本の高齢者の「通院回数の多さ」は、医療制度にあり。

    この記事を読む

一覧に戻る

アクセスの多い記事

  • 中楽坊の現場から

    2022年03月03日

    卒寿のご入居者の俳句が、朝日新聞「俳壇」に入選!!

    この記事を読む

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2022年09月27日

    超高齢社会にふさわしい「新しい敬老」考。

    この記事を読む

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2021年07月07日

    高齢者を子ども扱いする日本人の“優しさ”という問題。~期待が健康寿命を延ばす

    老いの工学研究所

    この記事を読む

注目のキーワード

-->