「中楽坊」スタイル

心身ともに豊かなシニアライフを
送るための Webマガジン

老いを学ぶ

2020年02月11日

老いの工学研究所提供

ロコモティブシンドローム(運動器症候群)【高齢期に関わる用語集】

老いの工学研究所

ロコモティブシンドローム(略称:ロコモ。運動器症候群)とは、加齢に伴って筋力が低下したり、関節や脊椎、骨粗鬆症などの病気によって運動器の機能が衰える状態のこと。
ロコモの状態になると、歩く速度が非常に遅い、継続して2キロメートル以上歩けない、片足立ちが難しいといった特徴がみられ、要介護のリスクが高くなる。
ウォーキングは大切な健康習慣だが、歩き方が良くなかったり、過度な運動量になるとかえってロコモになる危険性が増すとされる。

Tweetする

同じカテゴリーの最新記事

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2022年11月01日

    住み慣れた場所を「つくる」という発想。

    この記事を読む

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2022年10月05日

    日本の高齢者の「通院回数の多さ」は、医療制度にあり。

    この記事を読む

一覧に戻る

アクセスの多い記事

  • 中楽坊の現場から

    2022年03月03日

    卒寿のご入居者の俳句が、朝日新聞「俳壇」に入選!!

    この記事を読む

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2022年09月27日

    超高齢社会にふさわしい「新しい敬老」考。

    この記事を読む

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2021年07月07日

    高齢者を子ども扱いする日本人の“優しさ”という問題。~期待が健康寿命を延ばす

    老いの工学研究所

    この記事を読む

注目のキーワード

-->