「中楽坊」スタイル

心身ともに豊かなシニアライフを
送るための Webマガジン

老いを学ぶ

2020年10月14日

老いの工学研究所提供

老々医療【高齢期に関わる用語集】

老いの工学研究所

「老々医療」とは、高齢の医師が高齢の住民を診るケースが増えている実態のこと。医師が高齢であることは問題ではなく、地域において医師不足に陥る前兆として問題となっている。現在は地方においてみられるが、今後は大都市でも医師の不足感が強まるところが増えると見られている。
日本経済新聞は、「大都市圏では、2026年までの10年間に後期高齢者1人あたり診療時間は2割減少。医師の不足感が過疎地並みになる地域が2割に達しそうだ。」(2020年9月23日朝刊)と分析している。

Tweetする

同じカテゴリーの最新記事

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2022年11月01日

    住み慣れた場所を「つくる」という発想。

    この記事を読む

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2022年10月05日

    日本の高齢者の「通院回数の多さ」は、医療制度にあり。

    この記事を読む

一覧に戻る

アクセスの多い記事

  • 中楽坊の現場から

    2022年03月03日

    卒寿のご入居者の俳句が、朝日新聞「俳壇」に入選!!

    この記事を読む

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2022年09月27日

    超高齢社会にふさわしい「新しい敬老」考。

    この記事を読む

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2021年07月07日

    高齢者を子ども扱いする日本人の“優しさ”という問題。~期待が健康寿命を延ばす

    老いの工学研究所

    この記事を読む

注目のキーワード

-->