「中楽坊」スタイル

心身ともに豊かなシニアライフを
送るための Webマガジン

老いを学ぶ

2020年01月31日

老いの工学研究所提供

ユマニチュード【高齢期に関わる用語集】

老いの工学研究所

ユマニチュード(Humanitude)とは、コミュニケーションを用いたケアの技法で、1979年にフランスの体育学教師イヴ・ジネストとロゼット・マレスコッティが提唱した。
ユマニチュードは「見る」「話す」「触れる」「立つ」の4つを柱とし、「何でもやってあげる」のではなく、その人の持つ能力を奪わず、かつその尊厳を損なわないケアを実施することにより、健康の維持・向上を目指す。
また、ユマニチュードには「5つのステップ」があり、これに則って行われる。1:出会いの準備(来訪を告げる)、2:ケアの準備(ケアに対する同意を得る)、3:知覚の連結(ケアする)、4:感情の固定(振り返る)、5:再会の約束(次のケアへの準備)の5ステップである。
なお、ユマニチュード(Humanitude)は「人間らしさ」「人間らしさを取り戻す」といった意味合いの言葉である。


Tweetする

同じカテゴリーの最新記事

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2021年11月21日

    バケットリスト【高齢期に関わる用語集】

    老いの工学研究所

    この記事を読む

  • 老いを学ぶ

    2021年11月16日

    KBS京都ラジオ|笑福亭晃瓶のほっかほかラジオで、中楽坊が紹介されました。

    老いの工学研究所

    この記事を読む

一覧に戻る

アクセスの多い記事

  • 中楽坊の現場から

    2021年09月30日

    卒寿を迎えられた 女性のご入居者から、お手紙を頂戴しました。

    この記事を読む

  • 中楽坊の現場から

    2021年12月23日

    ソプラノ歌手の安本実子さんを招き、中楽坊の全物件でクリスマスコンサートを開催しました。

    この記事を読む

  • 中楽坊の現場から

    2021年08月11日

    『中楽坊』が、幻冬舎刊「年寄りは集まって住め ~幸福長寿の新・方程式」で、優れた高齢者住宅として取り上げられました。

    この記事を読む

注目のキーワード