「中楽坊」スタイル

心身ともに豊かなシニアライフを
送るための Webマガジン

老いを学ぶ

2021年11月10日

老いの工学研究所提供

アニマルセラピー【高齢期に関わる用語集】

アニマルセラピーとは、動物と触れ合うことで癒しを得られたり、落ち着いたり、意欲が湧いたりするといった効果を得ようとする療法。認知症高齢者には効果が大きいとされ、介護施設などで実践されている。
また、高齢者のみで暮らす世帯が非常に増えており、孤独の解消や精神的な癒しや喜びを得ることなどを目的にペットを飼う高齢者が多い。このような認知症ではないケースについても、アニマルセラピーの一種と言えるだろう。


Tweetする

同じカテゴリーの最新記事

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2022年11月01日

    住み慣れた場所を「つくる」という発想。

    この記事を読む

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2022年10月05日

    日本の高齢者の「通院回数の多さ」は、医療制度にあり。

    この記事を読む

一覧に戻る

アクセスの多い記事

  • 中楽坊の現場から

    2022年03月03日

    卒寿のご入居者の俳句が、朝日新聞「俳壇」に入選!!

    この記事を読む

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2022年09月27日

    超高齢社会にふさわしい「新しい敬老」考。

    この記事を読む

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2021年07月07日

    高齢者を子ども扱いする日本人の“優しさ”という問題。~期待が健康寿命を延ばす

    老いの工学研究所

    この記事を読む

注目のキーワード

-->