「中楽坊」スタイル

心身ともに豊かなシニアライフを
送るための Webマガジン

老いを学ぶ

2022年07月28日

老いの工学研究所提供

存在脅威管理理論【高齢期に関わる用語集】

人間は、自分は必ず死ぬということ(死の不可避性)と、いつどのように死ぬか分からない(死の予測不可能性)という二つの要因によって死の恐怖を抱いてしまうが、一方で、人間にはその恐怖を和らげる心理的メカニズムが備わっているとするのが「存在脅威管理理論」である。
恐怖を和らげるメカニズムとして、集団で共有する世界観、自己肯定感、他者との関係性が挙げられ、死の恐怖が近づくほどこれらへの欲求が高まると考えられている。


Tweetする

同じカテゴリーの最新記事

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2022年08月03日

    個人的居場所・社会的居場所【高齢期に関わる用語集】

    この記事を読む

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2022年07月27日

    「敬老の日」の由来【高齢期に関わる用語集】

    この記事を読む

一覧に戻る

アクセスの多い記事

  • 中楽坊の現場から

    2022年03月03日

    卒寿のご入居者の俳句が、朝日新聞「俳壇」に入選!!

    この記事を読む

  • 中楽坊の現場から

    2021年12月23日

    ソプラノ歌手の安本実子さんを招き、中楽坊の全物件でクリスマスコンサートを開催しました。

    この記事を読む

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2021年07月07日

    高齢者を子ども扱いする日本人の“優しさ”という問題。~期待が健康寿命を延ばす

    老いの工学研究所

    この記事を読む

注目のキーワード