「中楽坊」スタイル

心身ともに豊かなシニアライフを
送るための Webマガジン

老いを学ぶ

2024年02月21日

老いの工学研究所提供

葬儀で“故人”が最期のあいさつ ~「生前ビデオ」

“日本一背が高いアナウンサー”として人気を博した、元毎日放送アナウンサーの子守康範さんが、自身が経営する会社・アンテリジャン(大阪市北区)で、「生前ビデオ」という事業を開始されました。生きている間に、自分の葬儀で参列者に感謝の言葉などを述べるあいさつを撮っておくというもので、高齢者向けのサービスや商品の中でも、とてもユニークで意義ある取り組みです。

●「生前ビデオ」というイノベーション
葬儀に遺影は必須です。葬儀は故人との思い出、人となり、生きざまに思いをはせる場でもありますが、その際に遺影は大きなきっかけとなるからです。遺影をじっと見て故人に思いをはせる。参列した人たちと、遺影に目をやりながら思い出を語り合う――。焼香は遺影に視線を送るようにしてからするのが習いというものですし、遺族も遺影を見ては涙しているように見えます。

では、遺影はいつごろからあったのか。当たり前ですが、写真という技術がなかった時代に遺影はありません。日本では明治の終わり頃、ようやく今の形のような遺影が出てきたようですが、まだ高価なものだったので、全ての葬儀に遺影があったわけではありません。それが今や、欠かせないものとなったわけですから、遺影写真というものは葬儀におけるイノベーションであったといえるでしょう。であれば、現代的な新しい葬儀のイノベーションがあってもいい。高齢期のライフスタイルの充実について調査・研究を行っている私は、「生前ビデオ」にそんな印象を持ちました。

子守さんに、「生前ビデオ」をいくつか見せていただきました。末期がんと診断された方が、カメラに向かって葬儀に来てくださるであろう方々に向けてメッセージしています。時間にして5~6分。内容は、まず、自分があと数カ月の命であろうことを述べ、自分の人生を子どもの頃から丁寧に振り返って概観していき、その人生を支えてくれた親や先生、先輩・上司などさまざまな人たちへの心のこもった感謝の言葉があり、最後に「先に逝ってしまうが、また皆さんとあの世で楽しく話をすることを望んでいる」といった言葉を伝えるものでした。これが、映像で(生きている本人の表情と声で)流れるわけです。

その方との面識はない私にも、心に迫るものがありました。最後に明るい顔で、「あの世でまた一緒に飲みましょう」というメッセージがあったときには、こらえられないものがありました。映像の力でしょうか。遺影ではなかなかこんな気持ちにはなりません。

●「死をイメージすること」の大切さ
子守さんの会社にはスタジオがあり、収録用のセットも設けられていますが、そこに行って「ハイどうぞ」で映像が出来上がるわけではありません。当然、話す内容をしっかり準備する必要があります。準備は、子守さんやスタッフの方々と一緒に行いますが、この準備も「生前ビデオ」の意義だろうと思います。「自分の死を想像する」という貴重な機会となるからです。

「生前ビデオ」は、自分の葬儀で流す映像を撮ると同時に、いつか死が訪れるという現実を自覚する機会となります。「残された人生の時間には限りがある」という事実と向き合うことです。そしてそこから、残された人生を大切に生きよう、生きがいを見いだしてその実践に努めようという姿勢が生まれてきます。年を取れば取るほど、平均的には残された時間が短くなっていきます。持っている時間が減ってくるのですから、「何でもやってみたい」「いつかはやってみたい、いつかやろうと思う」などとは言っていられません。今、あるいは近いうちに取り組まねば、いつ時間がゼロになるか分からないからです。従って、好きなことや大切なことをできるだけ早く発見し、それに絞って集中的に時間を費やすことが大切であるはずです。

こういった意味で、「生前ビデオ」は、余命宣告された人のためだけのものではありません。まだまだ元気な人たちにとっても、生きがいの発見、「人生の最終盤をどう生きるか」という指針を見つけるきっかけとなるはずです。

●「死を意識すると、生き方が変わる」という調査
2014年なので少し古くなりますが、私が高齢者207人に対して行ったアンケート「死に対する考え方、感じ方に関する調査」の結果の一部をご紹介します。

「自分の死を、しっかり意識していますか?」という質問に対して、「そうだ」「ややそうだ」と回答した人の割合は61%で、男女に差はほとんど見られませんでした。死を意識している人とそうでない人はおおむね、6:4であることが分かります。次に、自分の日頃の暮らし方や考え方を、10項目について「そうだ」「ややそうだ」「ややそうでない」「そうでない」の4つから選んでいただき、その結果を「死を意識している人」「そうでない人」に分けたのが、この表です。

これを見ると、死を意識している人の方が社会参加への意欲が高く、前向きな思考を持っていることが分かります。先述した「死を想像する」ことが生きがいを生み、前向きに生きるきっかけになるということが分かっていただけるでしょう。

子守さんは、こう言っています。
「『死』を忌み嫌うのではなく、『死』と向き合う。そして、やがてやってくる自分のお葬式や偲ぶ会では自分の言葉で、自分で最期のあいさつをする。これを文化にしたいと思っています」

Tweetする

同じカテゴリーの最新記事

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2024年02月23日

    「ピンピンコロリ」は、既にほぼ実現している。

    この記事を読む

  • 老いを学ぶ

    2024年02月01日

    家田荘子さんトークショーの第5回、第6回の参加者を募集します。

    この記事を読む

一覧に戻る

アクセスの多い記事

  • 老いを学ぶ

    2023年05月11日

    「高齢期の住まい」診断チェック。約2分で診断できます。

    この記事を読む

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2023年04月17日

    「子どもに迷惑をかけたくない」を実現する、たった一つの方法。

    この記事を読む

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2024年02月23日

    「ピンピンコロリ」は、既にほぼ実現している。

    この記事を読む

注目のキーワード