「中楽坊」スタイル

心身共に豊かなシニアライフを
送るための Web マガジン

老いを学ぶ

2014年01月14日

老いの工学研究所提供

「高齢者」とすべき年齢は、平均で〇〇歳だった。<アンケート調査>

老いの工学研究所

NPO法人「老いの工学研究所」が行った『高齢者のありよう、役割に関する調査』から。回答者は、20 歳~66 歳の男女314 名(男性194 名/女性120 名)。

●何歳からが高齢者?

『超高齢社会となった現在、何歳からを“高齢者”と呼ぶべきだと考えますか?』という質問(65 歳~85 歳まで5 歳刻みの選択式)に対して、現在“高齢者”とされる65 歳と回答したのは12%にとどまった。女性に限ると、わずか5%となった。
最多は「70 歳」で46.8%、「75 歳」が28.7%と続いた。「80 歳」も11.5%で、「65 歳」と回答した割合と拮抗している。
平均は72.1 歳。女性のほうが、“高齢者”の年齢を高めにイメージしていることが分かる。

●高齢者のポジティブな呼称は?

高齢者の呼称として、『もっともポジティブな響きだと感じる言葉』(選択肢の中から一つを選ぶ形式)を訊いたところ、「シニア」が57.0%と圧倒的で、次は「シルバー」の8.6%となった。『もっともネガティブな響きだと感じる言葉』は、「老人」46.5%、「年寄り」38.2%となっている。
また、ポジティブに感じる言葉を選べなかった割合が14.0%となり、ネガティブに感じる言葉を選べなかった割合の4.5%を大きく上回った。高齢者をポジティブに表現する言葉に困っている様子が伺えるが、背景には、年をとることそのものをネガティブに捉える風潮があると考えられる。

●年齢別には?

年齢別に見ると、「ポジティブだと感じる言葉」「ネガティブだと感じる言葉」は、上の通りとなり、20 歳代に特徴が表れた。

20 歳代では、「シニア」という言葉を、もっともポジティブだと感じる割合は32.5%に過ぎず、じいさん(ばあさん)」(20.0%)、「シルバー」(17.5%)も支持を集めた。この二つの言葉は年代が上がるにつれて減少しており、年齢とともにポジティブな言葉だと感じられなくなってくることが分かる。
ネガティブだと感じる言葉では、20 歳代だけが「老人」よりも「年寄り」をネガティブだと感じており、言葉の捉え方の違いが大きいことが分かった。

facebookでシェアする

同じカテゴリーの最新記事

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2020年07月02日

    リバースモーゲージ型・住宅ローン【高齢期に関わる用語集】

    老いの工学研究所

    この記事を読む

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2020年06月06日

    「高齢者向け分譲マンション」で新型コロナ感染者が出ない理由

    この記事を読む

一覧に戻る

アクセスランキング

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2020年03月14日

    「老後に必要なお金は 500万円」説。~老後2,000万円は本当か?

    老いの工学研究所

    この記事を読む

  • 中楽坊の現場から

    2019年12月13日

    座談会「北欧の高齢者は、なぜ幸福そうなのか」

    ハイネスコーポレーションの社員4名

    この記事を読む

  • 中楽坊の現場から

    2019年11月01日

    大阪大学と「高齢者の生活状況と健康状態の変化」に関する共同研究を開始しました。

    この記事を読む

注目のキーワード