「中楽坊」スタイル

心身共に豊かなシニアライフを
送るための Web マガジン

中楽坊の現場から

2020年04月08日

コロナ対策として、三密を避け、マンション内の自室玄関前でラジオ体操を開始。

マスターズマンション「中楽坊」の一部物件で、4月7日(火)より、共用廊下でのラジオ体操を始めました。
今後、週2回のペースで開催していく予定です。

新型コロナウイルスの感染防止を目的に、様々なサークルの活動が自粛となっており、入居者の皆さんの運動不足やストレス解消について、管理会社・理事会で協議を行っておりました。
その結果、密集しないで運動する方法として、館内放送でラジオ体操の音楽を流し、自宅玄関前で放送を聞きながら体操を行うこととしたものです。

第1回目は、約50人が参加されました。
入居者に非常に人気のあった活動「100歳体操」が、新型コロナウィルスの感染拡大以降、中止となっておりましたが、このラジオ体操が少しでも入居者の心身の健康に寄与できればと考えております。

facebookでシェアする

同じカテゴリーの最新記事

  • 中楽坊の現場から

    2020年05月15日

    「自由」だけど、「自分勝手」ではない。 ~シニア向け分譲マンションの入居者エピソード4

    この記事を読む

  • 中楽坊の現場から

    2020年05月02日

    読売新聞(5月2日朝刊)で、コロナ禍によって外出自粛をされる高齢者の方々に、メッセージをいたしました。

    この記事を読む

一覧に戻る

アクセスランキング

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2020年03月14日

    「老後に必要なお金は 500万円」説。~老後2,000万円は本当か?

    老いの工学研究所

    この記事を読む

  • 中楽坊の現場から

    2019年12月13日

    座談会「北欧の高齢者は、なぜ幸福そうなのか」

    ハイネスコーポレーションの社員4名

    この記事を読む

  • 中楽坊の現場から

    2019年11月01日

    大阪大学と「高齢者の生活状況と健康状態の変化」に関する共同研究を開始しました。

    この記事を読む

注目のキーワード