「中楽坊」スタイル

心身ともに豊かなシニアライフを
送るための Webマガジン

老いを学ぶ

2013年05月30日

老いの工学研究所提供

高齢期の発達課題【高齢期に関わる用語集】

老いの工学研究所

発達課題とは、アメリカの教育学者、ハービガストがその著書『人間の発達課題と教育』(Developmental Tasks and Education)の中で提唱した概念である。
発達課題は、「人間が健全で幸福な発達をとげるために各発達段階で達成しておかなければならない課題であり、次の発達段階にスムーズに移行するために、それぞれの発達段階で習得しておくべき課題」である。
人間は生涯、発達しつづけるということを前提に、高齢期においては、次の6つを発達課題としている。
① 体力や健康の衰えに適応すること
② 引退と収入の減少に適応すること
③ 配偶者の死に適応すること
同年代の人々と親密な関係を結ぶこと
⑤ 社会的・市民的義務を果たすこと
身体的に満足でききる生活環境を確立すること。


参考:エリクソンの発達段階

Tweetする

同じカテゴリーの最新記事

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2022年11月01日

    住み慣れた場所を「つくる」という発想。

    この記事を読む

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2022年10月05日

    日本の高齢者の「通院回数の多さ」は、医療制度にあり。

    この記事を読む

一覧に戻る

アクセスの多い記事

  • 中楽坊の現場から

    2022年03月03日

    卒寿のご入居者の俳句が、朝日新聞「俳壇」に入選!!

    この記事を読む

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2022年09月27日

    超高齢社会にふさわしい「新しい敬老」考。

    この記事を読む

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2021年07月07日

    高齢者を子ども扱いする日本人の“優しさ”という問題。~期待が健康寿命を延ばす

    老いの工学研究所

    この記事を読む

注目のキーワード

-->