「中楽坊」スタイル

心身共に豊かなシニアライフを
送るための Web マガジン

老いを学ぶ

2019年09月18日

老いの工学研究所提供

人生を振り返って後悔していることは?(高齢者に訊きました):その3

老いの工学研究所

「老いの工学研究所」のモニター会員の方々の声です。
●男性編
  • 仕事を兼ねてほとんどの国に居住したが、希望でアフリカへは行かなかった。行っていれば世界観、人生観が変わったと思う。(66歳)
  • 人生の歩き方が甘かった。もっと自分を大事にする歩き方を考えたいです。(68歳)
  • 私の人生全般に言えることは、後悔の連続です。しかし大方の人は後悔をしているのではないでしょうか。(82歳)
  • 教養・知識の低さ。身内への家族愛が足りなかったこと。(67歳)
  • 若い頃、もっと状勢が良かったら、自分の好きな事が出来たのに、色々我慢してきた。
  • 仕事を第一にしすぎた。(73歳)
  • 若い内にもっともっと勉強し、さらにもっと多くの経験(仕事、趣味、仲間との交際等)をしておけばよかった、とつくづく思う。(68歳)
  • 周りの方々の考えをよく聞き、参考にすべきであった。(82歳)
  • もっと勉学に励んでおくべきだった。(70歳)
  • 常に次へ行く準備が出来ていなかった!(84歳)
  • 高校進学のとき、誰もが行きたいトップクラスの学校に行けたのに、電車に乗って遠くまで行かなければならないので、家の近くの二番手の学校へ行った。自分の心の中で「鶏口たるも、牛後なるなかれ」と言い聞かせながら、「鶏中」で終わってしまった。(79歳)
  • 経済的に許されるなら、第二希望の大学ではなく、浪人しても希望の大学で学びたかった。しかし、運命というか、第二希望に進んだおかけで、今の生活があるような気もします。(70歳)
  • 一番に「学び」。したいときにすればいいとは思うが、若い頃は、時間もあり、経済的にも心配なく(親が出してくれていた)、もっと脳も柔らかく、結果(資格など)を役に立てる場もあった。そうなのに、学びに没頭できなかったことが悔しい。(69歳)
●女性編
  • 余り恋をしていないです。(65歳)
  • 夫にあまりにも従順すぎた。しっかり自分の意見を言うべきだった。(75歳)
  • 孤独な家庭で愛情に飢えて育ったためか、人に自分を認めてほしい、好かれたいという思いが強く、親友ができなかった。70を越えて、一人になってやっと正直に生きるようになり、友も出来た。遅いけど良かった。(76歳)
  • 子供に迷惑をかけないようにという生き方は、疑問に思えてきた。(69歳)
  • 家族を作れなかったことに後悔しています。(70歳)
  • すぐに結婚してしまったので、今の若者のようにもっと遊べばよかった。(65歳)
  • もっと積極的にすればよかった。ここぞという決断がなかった。いつもなあなあでこの年になって、あれこれしなきゃとジタバタしてます。(71歳)
  • もっと勉強をしておけば良かったと思います。今語学を勉強しているんですが、飲み込みが悪いので、若い頃にもっとしておけば良かったと思います。スポーツも同じく。(65歳)
  • もっとやりたい事をしておけばよかった。時間は早く過ぎると思った。(68歳)
  • もっと本を読んでおくべきだった(視力の衰え、根気の無さ)。もっと旅をしておくべきだった(体力の衰えを実感して)(69歳)
  • 子供のしつけがうまく出来ず、わがままな子供が育ってしまったこと。(72歳)

facebookでシェアする

同じカテゴリーの最新記事

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2020年09月24日

    自分の元気さで、周りを元気づける ~「オトン・オカンチアリーダーズ」に学ぶ。

    老いの工学研究所

    この記事を読む

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2020年09月12日

    お金があって介護も不要 超高齢社会を生きる親への「親孝行」、何をすべき?

    老いの工学研究所

    この記事を読む

一覧に戻る

アクセスランキング

  • 中楽坊の現場から

    2020年02月13日

    兵庫県三田市消防署長から、『人命救護への貢献』に対して、感謝状をいただきました。

    この記事を読む

  • 老いの工学研究所提供

    老いを学ぶ

    2020年03月14日

    これは納得。「老後に必要なお金は 500万円」説。~老後2,000万円は本当か?

    老いの工学研究所

    この記事を読む

  • 中楽坊の現場から

    2019年11月01日

    大阪大学と「高齢者の生活状況と健康状態の変化」に関する共同研究を開始しました。

    この記事を読む

注目のキーワード